ケトン性低血糖症の好発年齢は1~5歳とアセトン血性嘔吐症より若めです.これもアセトン血性嘔吐症の重症型だと捉えれば,「そんなに重症のアセトン血性嘔吐症は成長していくにつれ早めに起こらなくなっていく」と考えれば説明がつきます. アセトン血性嘔吐症の症状. アセトン血性嘔吐症とケトン血性嘔吐症の違いについて教えて下さい。先日、5歳の息子がケトン血性嘔吐症で入院しました。医師の説明でケトン血性嘔吐症とのことでしたので、今後どう付き 合うべきか勉 … アセトン血性嘔吐症の症状には次のようなものがあります。 ・元気だったのに急に機嫌が悪くなる ・生あくびを連発して顔色が青白くなる ・食欲がなくなり、何度も嘔吐を繰り … ケトン体は酸性なので、血液は 酸性に傾き、吐き気・腹痛・頭痛などの症状 が あらわれます 。この状態をアセトン血性嘔吐症といいます。 尿検査をすると、ケトン体が陽性になります。 アセトン血性嘔吐症とは、激しい嘔吐が数時間もしくは数日間継続し、こうした嘔吐の症状を繰り返し呈する病気のことを指します。繰り返す間隔は人によってまちまちですが、1か月に何度も繰り返すこともあれば、年数回程度ということもあります。