ダウンコート修理の専門サイト。破れ、焦げ穴の修理・サイズ直し・ファスナー交換を世田谷から全国へお届け。豊富な修理事例と料金表を是非ご覧下さい。実店舗(世田谷7店舗)は勿論、郵送でも注文することが出来ます。品物を画像でお送り頂ければ無料見積。 公開: 2018.9.15 更新: 2019.5.24 by タカノカズト; 服&ファッション みなさんこんにちは、フォルムアイ和歌山店です 今回ご紹介するのはダウンのお修理です。 当店には ダウンをストーブで焼いてしまった! タバコで焼いてしまった! というお客様がよく来られます。 今回は「ストーブで焼いてしまっ […] 羽毛でできたダウンジャケットは防寒着としては最高ですが、一度穴があいたり袖口の縫い目がほつれたりすると修理が大変!針を通すと縫い目から羽毛が出てしまいます。そこで、テープを使ったダウンジャケットのカンタンな修理法をお教えします! ダウンジャケットの修理でお困りならこちらページを参照ください。修理自体を断られることがとても多いダウンは実は色々な修理が可能です。経験豊富な職人が解説していきます。来店&郵送で依頼できるブランド洋服修理専門店アウトフィッターズ。 ダウンジャケット着るにはこんな覚悟が必要なんデス。 ダウンジャケットやダウンコートを長く使用していると避けて通れない問題があります。 それは・・・変色問題。 ダウンジャケットで主に使用されているナイロン素材は、その構造上 […]

衣類と言うのは襟もとに汚れがつきやすい物です、それはダウンジャケットも例外ではなく、皮脂などの汚れで襟が黄ばんだり、女性であればファンデーションなどの化粧品がついてしまって汚れたり、襟についた汚れと言うのは他の汚れよりも頑固で落ち難い汚れである事が大半です。 タトラスなどの高級ダウンは、中綿のダウンの上質さやデザイン性など一般的なダウンジャケットよりも高級なのが頷けるアイテムです。ですがクリーニングの処理で失敗が起きる可能性のあるアイテムでもあります。今回の記事では、その注意点をご説明しています。 こちらのダウンコート、生地の色とは全く違う色に変わってしまってます。【袖部分 】 【フード部分】 このような現象はナイロンに多く、お直しのご依頼が後をたちません…(>人<;) モンクレールやデュベティカなどの高級ダウンジャケットのご依頼も多いです。 たった2,700円でこの仕上がり!パタゴニアのダウンジャケットが修理から帰ってきた. ダウンジャケットの「ダウン」とは羽毛の意味で、衣類や布団類の「中わた」には水鳥の羽毛が使われています。 また、 羽毛には「ダウン」「フェザー」の2種類 あり、通常はこの2種類の羽毛を混合している場合が多いです。 ダウンジャケットのクリーニングは大体2000~3000円程度。 最近では、ダウンジャケットをクリーニングに出したらユニクロのダウンジャケットが買えてしまう!なんていう意見もあり、襟の汚れだけであれば自宅で洗濯する方が得と言えるでしょう。