メダカ、かわいいですよね。時にのんびり、水槽の中を小さな体で泳ぎまわる姿は、癒しを与えてくれます。メダカの飼い方のひとつとして覚くべき、メダカの病気。症状を早く発見できれば、治療可能なものがほとんどです。画像を見ながらお勉強していきましょう 熱帯魚飼育初心者です。グッピーの稚魚が、ハリ病で死んでしまいました。現在一匹稚魚がいるのですが、やはりハリ病の様です。(しっぽが、尖ってしまっています・・・)治療方法がわかりません。また、原因や対策法も教えて欲しいです。グ 今日もメダカに首ったけ、里山です。星河の産卵が続いています。先回は抱卵を確認出来たのは1匹のみでしたが、今回は3匹のメスが卵を抱えていました。小振りな体らしく2~3個程度です。一番大きなメスは今回で2回目の抱卵になります。体が慣れてくるので 金魚やメダカ、熱帯魚などを飼育する人なら、一度は見たことがある白点病。 その治療薬として代表とも言えるメチレンブルーの効果や使い方、使用の注意点などを詳しく紹介していきます。 タップできる … メダカ、かわいいですよね。時にのんびり、水槽の中を小さな体で泳ぎまわる姿は、癒しを与えてくれます。メダカの飼い方のひとつとして覚くべき、メダカの病気。症状を早く発見できれば、治療可能なものがほとんどです。画像を見ながらお勉強していきましょう メダカを飼育する上でよく使われる用語集です。文字数が多いので目次のページから行に飛んでくださいあ行アオコ(あおこ)水が富栄養化して藍藻類が異常に発生したもの、青水との違いは臭いでわかる、アオコ⇒くさい青水(あおみず)・緑水藻や植物プランクト

他のメチレンブルーを主体とした薬(メチレンブルー水溶液など)との違いは「アクリノール」が含まれること。 アクリノールには静菌作用が期待できるので、水カビ病の傷が化膿してしまうのをある程度予防することが出来ます。 白点病: 白い小さなポツポツがでる。水温が急激に下がったときにかかりやすい。エラに進行すると呼吸困難で死んでしまいます。紫外線をあてて32度まで水温を上げると治ります。薬は、メチレンブルーなどの色素系殺菌剤がよく効くそうです。

使用した薬品は、「メチレンブルー」、「アグテン」です。 これだけでも、かなりのメダカたちに元気が出てきました。 しかし、中には重症と思われるものも30匹ぐらいいて、この子達は、バケツに隔離して、本格的な薬浴をさせることにしました。

ハリ病は、ヒレが全部たたまれて、ハリみたいになってしまう病気。 水カビ病は、体に白いふわふわしたカビが付いてしまう病気です。 初めは3日前くらいに幹之メダカだけに異変があり、急いでメチレンブルーを買ってきて治療に入りました。 ・メチレンブルー、グリーンf等による薬浴または0.3~1%程度の塩浴を行う。 ・水温は高め(27~29℃)で安定させる。 ・治療には時間がかかる場合があるため、1週間程度で水換えし、再度薬 … 針病(ハリ病) 尾鰭が針のようになる: 水カビ病: 体の表面に水カビが付着する: 松かさ病: 鱗が立ち開いて松ぼっくりのようになる 最も多いのが白点病ではないでしょうか。その次が今回我が家のグッピーが患っている尾ぐされ病のようです。尾ぐされ病も割とメジャーな病気なので治療方法�

メチレンブルーとは、鑑賞用の魚に使われる薬品の一種です。 観賞用の魚がかかりやすい白点病や尾ぐされ病などを治療する薬で、水に溶かして使用します。

メチレンブルーは熱帯魚やメダカなどが白点病になった時によく使われる薬です。 白点病以外にも様々な病気を治療することができるので、熱帯魚を飼育する場合はメチレンブルーがあるととても便利で …

こんにちは♪前回は・完治したはずのメダカ2匹の尾ぐされが再発・メチレンブルー&塩での治療開始を報告しました。⇒メダカの尾ぐされ病が再発!今度はメチレンブルーでの治療をしています今回はその続編、経過報告です。1匹は死にました突然の訃報ですが、

熱帯魚飼育初心者です。グッピーの稚魚が、ハリ病で死んでしまいました。現在一匹稚魚がいるのですが、やはりハリ病の様です。(しっぽが、尖ってしまっています・・・)治療方法がわかりません。また、原因や対策法も教えて欲しいです。グ メダカの稚魚の環境 メチレンブルー溶液を使うべき?水道水は使っても良い 「 メチレンブルー 」とは色素の一種で、生物学にはよく使われるものです。 そしてメチレンブルー水溶液は、鑑賞用の小魚を飼育する際に病気の発生を防ぐことを主な目的として利用されています。

使用した薬品は、「メチレンブルー」、「アグテン」です。 これだけでも、かなりのメダカたちに元気が出てきました。 しかし、中には重症と思われるものも30匹ぐらいいて、この子達は、バケツに隔離して、本格的な薬浴をさせることにしました。 グッピーは丈夫な魚種ですが、飼育環境の管理を怠ると病気になってしまうので注意してください。グッピーが病気になる大元の要因はストレスによる免疫力の低下があるので、水換えなどのメンテナンスをきちんと行うことはもちろんのこと、混泳相手にも気を付ける必要があります。

グッピーの稚魚の最大の死因が食べられることだとすると、ハリ病はそれに次ぐほど恐ろしい病気です。ハリ病の症状、原因、治療についてまとめた本記事は3分で読むことができるので是非一読してみてください。ハリ病の症状その名の通り、グッピーの尾が広がら こんにちは、根黒ぷれ子です。 今日は、グッピーの病気や不調についてだよ。 初めての熱帯魚として選ばれることの多いグッピー。 だからこそ病気の原因や死因がわからなくて悩んでしまう人も多い。 今日はそんな困る「不調」を一覧に・・・ メダカがかかりやすい病気を症状別に特徴と原因、治療方法を詳しく紹介していきます。 長期間水換えをしていなかったり、昼夜の気温差が大きい季節ではメダカが病気になりやすくなります。メダカは病 …

ハリ病まんえん中なので 本水槽から 塩浴+メチレンブルーで治療中(´pωq`) 毎日1人に2000ポイントが当たる楽天ブログラッキーくじ >>人気記事ランキング; ブログを作成; 楽天市場; 123813 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】 ママシャチの日常。 < 新しい記事. メチレンブルーの正しい使い方を知り、より確実に卵を孵化させましょう。 メチレンブルーとは.

メダカ稚魚誕生から早2週間経過しました。屋内プラケース飼育と屋外グリーンウォーター水槽で稚魚を分けて育てています。孵化して2週間後の状況と先週以降に試みたことを備忘録として記録します。