建設業で請負の仕事を始めました。個人事業主(一人親方)ですが、規模の大きい現場などは知り合いの職人(屋号を持つ一人親方)などに一日16000円等で手伝ってもらいます。長くかかれば半年ほど続けて来てもらい、支払は月末締めの翌月払い 一人親方等に対する支給は給与か外注費か? - 枚方市、交野市、寝屋川市、八幡市を中心に近畿一円で 提案型税理士として税務会計を中心に 起業支援・資金繰り対策・医療税務、経営・相続事業承継等、トータルサービスを提供致します。,8月6日から本日まで税理士試験が行われました。

[所得税・消費税] 一人親方の受ける報酬に係る所得税の取扱いについて 経営者、サラリーマン、パート・アルバイトなど。 そのような働き方の一つに、 いわゆる「 一人親方 」というものがあります。 一人親方で内装業で独立してから 10 年ぐらいたったことで税務署から 5 月に税務調査の連絡が入り、 6 月に行われる税務調査のサポートを依頼されました。. 【消費税増税対策】建設業の給料を何とか外注費にできない? 。 大阪谷町の大山俊郎税理士事務所では、会社設立・開業・起業と顧問税理士、両方の経験を生かして、会社経営の準備やノウハウを起業家目線で大公開します。 それで、免税事業者が取引から排除されるという懸念が残るわけです。ほとんどの大工さんやとび職のいわゆる「一人親方」さんは年間売上1,000万円未満で免税事業者の場合が多いかと。消費税を請求するが免税なので消費税は納めていないよ。 一人親方で内装業を営む個人事業主Aさん. 一人親方として個人事業主になったら、わからないことの1つに消費税があります。消費税は請求するべきか、計算方法はどのように計算するのか、そして請求すべきものなのかどうか。そして預かった消費税を、納めなくていい条件もあります。 余計に悩む必要もありません。