カップルの愛のしるしとして人気の高い指輪。男性・女性に関わらず気軽につけるようになった指輪ですが、それぞれの指につける場所によって意味が変わってくる事は知っていますか?今回は、そんな指輪のつける場所やそれぞれの指にまつわる意味を紹介していきます 風水では中指の指は男性を避けると言われています。 中指には、魔除け、つまり引き寄せないという意味があるので、悪いものを祓うことができますが、男性も近づけなくなってしまうのです。 婚約指輪・結婚指輪をつける指である左手の薬指は、「恋愛運の向上」「愛の進展」「絆を深める」「婚約・結婚している」という意味が込められています。また、眠るときにこの指に指輪をはめていれば恋が叶うというようなおまじないにも使われます。 恋愛はもちろん、様々なチャンスを呼び込んでくれそう なので、幅広く願掛けに使えそうです。 男性と女性で指輪の意味は変わる? 指輪の位置に込められた意味には男女で差はないようなので、自分の願いに合った指を選んで問題ないようです。 以前、風水だったと思うのですが、この指に指輪をするとこんな運気があがるとか、この指に指輪をすると恋愛運が下がるとかって言う話を聞いたことがあるのですが、忘れてしまい困っています。詳しくご存じの方、お教え願います。「手相」 指輪はつける場所によって意味合いや風水、運気が異なりますので、どこにつけるかが重要になってきます。指輪は恋愛運にとって最強アイテムとなりますので、恋愛運を上げたいあなたはどこにつけるべきか、しっかり理解しておきましょう! 恋愛運と遠ざける指輪 中指の指輪.

結婚指輪や恋人にもらった指輪、おしゃれな指輪など様々な指輪がありますが、指輪は つける位置 によって色んな意味や仕事・恋愛に関するパワーがあります。 それではどちらの手のどの指に指輪をつけると どんな意味やパワーがあるのか を詳しくお話ししたいと思います。 指輪の意味を位置別10個!恋愛・結婚運は?右手左手や男性女性で違う? 指輪は特別なアクセサリーですよね。そんな指輪は付ける指の位置によって意味が異なると言われています。どの場所に指輪をしたらどんな意味があるのか詳しく解説します。