1 初七日のお供えでお団子を準備するのはなぜ? 1.1 初七日でお供えをする場合について; 2 初七日のお供えにお団子を用意するかどうかは宗教による; 3 初七日にお団子をお供えする曹洞宗、他に準備すべきものは? 4 初七日にお供えするお団子の作り方は?

曹洞宗 果物をお供えするのは通常と変わりませんが、その他に「積み団子」というものをお供えします。 これは、曹洞宗の場合、初七日から七日ごとのお参りに加え、御霊供膳とお団子を毎日毎食仏壇にお供えするしきたりがあるからです。 各宗派別の解説「曹洞宗」編です。曹洞宗派の方向けに、仏壇仏具の選び方、そしてそれらをどうお仏壇に並べれば良いのかなどの並べ方などを、しっかりと解説しています。最後に曹洞宗の方向けに最適なお仏壇・セットを含めた仏具のご紹介もしております。

初七日から仏壇へ何をお供えする? ツイート 宗派によって通夜・葬儀を終えて、初七日から四十九日までの仏壇へのお供えのしきたりやならわしなども、まったく違ってきます。 実際に初七日法要に関わるとなったら、どんなお供え物が良いのかイメージがつきにくいですよね。供養と感謝の思いを込めた初七日のお供え物は、ちゃんとしたマナーを踏まえて選びたいものです。その前提知識を勉強しましょう。

葬儀が終わると、初めての法要である「初七日法要」を執りおこなうことになります。今回の記事では、初七日法要について基本的な知識やマナーについて紹介します。あなたが施主でも参列者でも、慌てることなく法要が進められるよう、きちんと確認しておきましょう。 初七日とは仏教の法要の一つで死後七日目に行う追善法要です。現代では初七日の法事を葬儀の日に行う遺族も増えました。初七日の数え方、読み方、いつ行う?初七日の喪主の挨拶の文例・例文、参列者の服装、親族の服装とマナー、香典とお供えを解説。

四十九日などの法事のときには団子をお供えします。しかし、お供えする団子には一体どんな意味があるのでしょうか?今回は、四十九日にお供えする団子とはどんなものなのか、名前や意味だけでなく、作り方や宗派ごとの飾り方の違いについても紹介します。