はじめに Word2007以降の数式はキーボードからの入力のみでマークアップが出来, 1 Wordで楽に数式を作る Ver. word2010で数式機能を使用しようとしましたが、機能を使用できなくて困っています。 挿入>数式をクリックしようとしたのですが、灰色に表示されており、数式を選択することができません。 数式を使用する前に設定など必要であれば教えてください。 Wordの数式について紹介しています。分数やΣなどの特殊な記号を用いた式もこの機能を使えば簡単に入力できます。理系のレポートなどを執筆する方は必見の内容です。よくあるトラブルの対処法もあわせてご紹介しています。
はじめに Microsoft Word 2007 以降では以前のバージョンのWord と比べて、数式入力の機能が格段に強化さ れています。 Word 2010 Starterにおける数式入力では、リボンが使えないのでショートカットのみで記述することになります。以下に数式エディタで使えるショートカットキーを示します。なお、*は文字数を問わない任意の文字を、 はスペースを表すこととします。 Wordには数式を表示させるための特別な道具が用意されていて、それを使うと、市販のテキストのようなきれいな数式を作り出すことが出来ます。



2行になる数式を1行で入力します。 カーソルをそろえたい「=」の前に表示します。 この数式は x=a^2+2ab+b^2=(a+b)^2+ とキーボードのみから入力することができます。 最後の「+」は削除します。 「^」(ハット)を使うと階乗を入力することができます。

Excelの数式内で使われている記号類について質問をいただくことは少なくありません。 このサイトでも、絶対参照をあらわす「$」や、文字列を連結する「&」についてご紹介してきました。 「^」(ハット・キャレット)についてもご質問いただくことがあります。 Word のヒント:数式入力 編集 逆瀬川浩孝.
3.1 2015/1/11 門馬英一郎 1. このマニュアルはMicrosoft Word 2007 用に作成されたものであるため、新しいWord とは画面構成が 異なる場合があります。ご了承ください。 1. Wordではショートカットキーだけで、様々なアクセント記号やフランス/ドイツ語を簡単に入力することができます。「言語」を追加したり、「挿入」-「特殊文字」等を使う必要はありません。