数学では、行列というものをよく使う。縦横に数や文字を並べて長方形のかたちにしたものである。行列では、行が横方向にならんだものを示し、列が縦方向にならんだものを示す。表計算ソフトでも、横方向を行と言い、縦方向を列と言う [] 。 私は文字列のベクトルを持っています。 私のベクトルをチェックして、それはawesomeです: > awesome [1] "a" "b" "c" "d" "d" "e" "f" "f" 私はawesomeと同じ長さですが、必要に応じて、文字列が一意になっている新しいベクトルを作りたいと思います。例えば、私の望む機能の有効な出力は、

参考:次元 2900x2900 の行列の逆行列を求める (r-help の D. Bates の記事から, 2004.11.10) † このような大行列の逆行列(もしくは線形方程式)を解くことなど、普通の人には無縁でしょうが、R でやればどうなるかは一寸興味がありますね。 Rの備忘録. R の文字列結合が面倒くさいので色々考えてみた; by hoxo_m; Last updated about 7 years ago Hide Comments (–) Share Hide Toolbars 例えば,あるデータフレームから,複数の列を取り出すのであれば. dat <- dat[, c("X","Y")] とすれば良い. が,取り除きたい場合,その列番号を指定する方法と,列名を指定する方法があるのだが,列一個なら次のようにできる. 漢字の平行線の方向に着目する. タイトルの通りで,Rの文字列処理について知りたければこれひとつでOK R を起動し、 R のコンソールに > sales<-c(15,20,25,10,30) を入力し、 [Enter] キーを押すと、 sales に一行のデータ 15,20,25,10,30 が入力される。 ここの sales はデータセットの名前で、他のオブジェクトと区別可能な文字列であれば、どのような文字列にしてもかまわない。 Rの扱うデータには、数、文字列、論理定数、などがあり、それらは別々の型(type)を持つ。代表的な型には numeric, complex, character, logical などがある。 numeric 型はコンピュータの内部表現の違いで、integer, double 型と呼ばれることもある。 行列オブジェクトではこのような型の変換・統一が強制的に行われてしまい,たとえば1列目は実数 (e.g., 身長),2列目は文字列 (e.g., 出身地), 3列目は整数 (e.g., 年齢) といったデータを保持することはで … データ型とデータ構造 データ型の種類. R Documentationというサイトにあるパッケージ紹介サイト; Helpの内容をベースに,サイト内で実際にコードが試せます {stringr}/{stringi}とbaseの文字列処理について.